QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
boweaey

2014年05月21日

宮里聖志、初の全米OP!2度目の海外

全米オープン日本地区最終予選(26日、奈良・奈良国際CC=7058ヤード、パー71)

 36ホールで争われ、宮里聖志(37)=フリー=が134の通算8アンダーで2位となり、初出場を決めた。梁津萬(35)=本間ゴルフ=、李京勲(22)=CJ=、谷口徹(46)=フリー=、D・オー(33)=HYUNDAI HYSCO=、矢野東(36)=フリー=の計6人が6月12~15日にノースカロライナ州で行われる本大会への出場権を獲得した。

 2002年の全英以来、自身2度目の海外メジャー切符を手にした宮里聖は「ナイスプレーでしたね」と自画自賛。第2R前半の18番で1打目がOBとなりダブルボギーとなったが、「最終ホールじゃなかったので切り替えられた」と後半で4つ伸ばしてフィニッシュした。(ゴルフセット)

 昨季に8年間、守っていたシード権を喪失。今季は地道にツアー予選やチャレンジ大会への出場を続けている。「僕はラウンドしながらの方が調整していけるタイプ」とプラスに捉え、攻めるゴルフを磨いてきた。全米オープンの翌週には、同じコースで全米女子オープンが行われる。「強気のゴルフでいきたい」と、妹・藍に刺激を与える活躍を誓った。(R15 ドライバー)

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません