QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
boweaey

2014年06月07日

ケイマーが大会新記録で首位を守る、全米オープン

男子ゴルフ米国ツアーメジャー第2戦、第114回全米オープン選手権(2014 US Open Championship)は13日、米ノースカロライナ(North Carolina)州パインハースト(Pinehurst)のパインハースト·リゾート·アンド·カントリークラブ(Pinehurst Resort & Country Club)で2日目が行われ、マーティン·ケイマー(Martin Kaymer、ドイツ)が通算10アンダーで単独首位を守った。
松山はイーブンパーの14位タイ
 ノーボギーでラウンドを終えたケイマーは、2日連続で5アンダーとして2日目終了時点の大会新記録をマークし、2位に6打差をつけている。
 これまでの大会記録は、コングレッショナル·カントリークラブ(Congressional Country Club)で2011年に行われた第112回大会(2011 US Open Championship)で、初のメジャータイトルを獲得したロリー·マキロイ(Rory McIlroy、北アイルランド)が記録した通算9アンダーだった。
 メジャー大会の初日と2日目でともにスコアを65とした選手もケイマーが史上初となった。
 他のメジャー大会の2日目終了時に10アンダーを記録したのは、いずれも全英オープン(The Open Championship)で、1992年大会のニック·ファルド(Nick Faldo、イングランド)と2012年大会のブラント·スネデカー(Brandt Snedeker、米国)が、それぞれ初日66、2日目に64を記録した2回のみとなっている。
 また、単独2位につけているブレンドン·トッド(Brendon Todd、米国)とケイマーの6打差は2日目終了時点での大会タイ記録で、これまでにはペブルビーチ·ゴルフリンクス(Pebble Beach Golf Links)で行われた2000年大会のタイガー·ウッズ(Tiger Woods、米国)と2011年大会のマキロイが記録しており、それぞれが大会制覇を飾っている。(SLDRドライバー)
 3位タイには通算3アンダーで米国勢のケビン·ナ(Kevin Na)とスネデカーがつけ、5位タイには通算2アンダーとしたジンバブエのブレンドン·デ·ジョン(Brendon de Jonge)、スウェーデンのヘンリク·ステンソン(Henrik Stenson)、米国勢のキーガン·ブラッドリー(Keegan Bradley)、ダスティン·ジョンソン(Dustin Johnson)、ブルックス·コエプカ(Brooks Koepka)の5人が並んでいる。

 日本勢では、松山英樹(Hideki Matsuyama)が通算イーブンパーで14位タイ、谷口徹(Toru Taniguchi)が通算5オーバーで60位タイとして決勝ラウンドに進んだ。矢野東(Azuma Yano)と宮里聖志(Kiyoshi Miyazato)は予選落ちとなった。

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません