QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
boweaey

2014年06月11日

アマチュア3人娘揃って後退、首位は飯島茜と工藤遥加

兵庫県にある六甲国際ゴルフ倶楽部で行われている国内女子ツアー「サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」。アマチュア旋風が吹き荒れる今週の大会。3日目は4位タイで予選を通過した勝みなみ、森田遥、佐々木笙子のアマチュア3人が史上初となる同組でラウンドとなった。
 全選手がハーフターンを終えた時点で、勝は昨日と打ってかわり1バーディ4ボギー1ダブルボギーで5つ落とし通算イーブンパー29位タイに後退。森田は2ボギーで2つ落とし通算3アンダー10位タイ。そして佐々木も4つ落とし通算1アンダーで22位タイとした。また、柏原明日架が2つ伸ばし通算3アンダーで10位タイにつけている。
 ちなみに現在首位は通算7アンダーで飯島茜と工藤遥加が並ぶ。1打差の通算6アンダー3位タイには上田桃子、大江香織、アン·ソンジュ(韓国)ら5人がつけている。
工藤 前半終えて首位並ぶ、同組アマトリオはスコア落とす
女子ゴルフのサントリーレディース第3日は14日、兵庫県神戸市の六甲国際GC(6511ヤード、パー72)で行われ、2打差2位から出た工藤遥加が9番を終え2バーディー1ボギーで通算7アンダーの首位に並んでいる。
 飯島茜も11番を終え、4バーディー1ボギーで通算7アンダー。上田桃子は1打差3位タイ。同組で回っている勝みなみ、森田遥、佐々木笙子のアマチュア3人は10番を終え、全員がスコアを落としている。(ゼクシオ7)

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません